上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
陽子は私の唇をなぞる。
「倫太郎さんは,いつも私の中にいる」
「……」
「私のいる時間,私のいる空間。……私の世界。そこに倫太郎さんはいつもいる」
「風の匂いがする時,花びらの散る音が聞こえる時,夕日が空を紅く染める時,唄を口ずさむ時,子犬の頭を撫でる時,思い出に感傷的になる時」
「いつも、いつも倫太郎さんは私の側にいて,微笑んでいる」
「うそじゃないのよ。倫太郎さんの声が聞こえるの。体温が感じられるの」
陽子は私の顔を覗き込みながら,クスッと笑う。
「おかしいね。倫太郎さんはここにいるのにね」
風がざわめく。
私は,ぼんやりと雲が走るのを見ている。
「もうすぐ。もうすぐ同じ場所に居れるわ。きっと。もうすぐ」
小雨が降り始めた。
「あら。雨」「戻りましょうか」
陽子は相変わらず私の唇をなぞりながら,空を見上げる。
「もう少し待ってくれ。このままで」
私はこのひと時を,安らかに満たされているこのひと時を,失いたくなかった。
永遠にしたかった。
「いいわよ。待つのには慣れているから」陽子はもう一度,クスッと笑う。
「ふたりの間に時間はないわ」
遠くでざわめく声がする。病院の建物が小雨の中にかすんでいる。
白い教会のように見える。
「まだ,始まっていないんですもの。いつまでも待つわよ」
犬の鳴き声が聞こえてくる。
声が遠くなっていく。私はあの日のように眼を閉じる。

 完

スポンサーサイト
2008.08.31 Sun l 小説・桜の花嫁 l コメント (4) トラックバック (0) l top
「倫太郎さん」
桜の木の下に ひまわり模様のワンピースを着た陽子が立っていた。
あのおばあさんの娘姿、通夜の日の孫娘。
もうどうでもよかった。疲れた。女が掴んでいた手を離す。
私は,とにかく眠りたかった。
私は腰を下ろすと、桜の木にもたれて眼を閉じる。
女の声が聞こえる。
「最近はパラノイア…、だいぶ落ち着いてきてますから」
「退院はいつ」「もうじきですよ。そんなにはかかりませんから」
頬を撫でる風が気持ちいい。
女が去っていく足音が聞こえる。
あれはいつだったろう。懐かしい感覚がする。
この風の匂い。この静寂。
優しさにつつまれたような空間。
遠い昔,思い出せない程の昔,こんなひと時を過ごしたような気がする。
時が止まっているような感覚だ。
「倫太郎さん?」陽子の声がする。
私は,うっすらと目をあける。
陽子は微笑みながら,私の隣に腰を下ろす。
「膝枕。してあげましょうか?」
「ああ」
陽子のぬくもりが伝わる。
陽子の鼓動が聞こえる。
陽子の匂いがする。
「私ね,最近,いつも倫太郎さんといる気がするの」
ほんの一瞬、陽子の唇が私の唇に触れる。
心が響く。ふたつの心がひとつになり、柔らかなしあわせにつつまれていく。
「終わりのない愛」何故か私はそう呟いていた。
「そうよ。終わらない。いつも始まり」

2008.08.30 Sat l 小説・桜の花嫁 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「ほら、あそこ」「見えますか。あの大きな桜の木の下」
女が私の顔を覗き込むようにしながら、語りかけた。
いつの間にか,出口に着いたらしい。
風が頬を撫でる。後ろを振り返る。
再び戻る事を拒絶しているかのように廊下は暗く静まり返っていた。
女が再び促すように声をかける。
「大山さん。見えますか」
私の前に庭が広がっていた。
中央に噴水池があり、周りにはいくつかのベンチが設置されていた。
そこから、四方に散策路が続いている。その内の一本の散策路の先に大きな桜の木が見えた。
桜の木の下で人影がゆれていた。
顔までははっきりと見えないが,陽子である事はすぐにわかった。
どこからどこまでが現実なのか?もうどうでもよくなっていた。
疲れた。
腕を掴まれたまま、私は桜の木に向かって歩いていた。
その一歩一歩がまるで遠い昔に戻っていくような気がした。
噴水池のあたりまでくると突然,脇の茂みから白い子犬が飛び出してきた。
「あら,リンちゃん来てたの」女が白い子犬に話しかける。
子犬は私の足にじゃれついてどこにも行こうとしない。
時折2、3歩、後ずさりして,どこかに誘うように私を見上げる。
「リン。リン。だめよ」私たちの後ろから,少女が駆けてくる。
白く透き通るようなワンピースを着た、どこか大人びた少女だ。
息を切らしながら,子犬に話しかける。
「だめよ。リン」「今日は始まりの日なんだから」
「おとなしくしてないと」
「何が始まるの」女が少女に話しかける。
「時を超えるのよ」少女は苛立たしげにそういうと,子犬を小脇に抱えて走り始めた。
女は少女の後ろ姿に向かって問いかける。
「何が超えるの。お母さんは」
「愛よ。知らなーい」
女は独り言のように呟く。
「本当にあの子は解らないわ。どこか…。さあ、いきましょう」
私と女はしばらく少女の後ろ姿を追いかけた後、再び桜の木に向かって歩き始めた。

2008.08.29 Fri l 小説・桜の花嫁 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「陽子?」
看護婦らしき女は両手で私を支えるように、立ち上がらせながら「そうよ」と言うと微笑んだ。
女は私の腕を掴んだまま歩き始める。
部屋の外にはもう一人,白い服を来た男が立っていた。
男は何も言わなかった。ただじっと注意深げに私を見ていた。
長い廊下を歩いていく。ここは病院だろうか?
同じドアがいくつも並んでいた。
どこからか,笑うような奇声が断続的に聞こえてくる。
廊下の片隅にうずくまり,しきりに両手を絡み合わせる人。壁に張り付きそうに向き合っている人。眠っているのか,横になったままじっと動かない人。
何か,ここは様子が変だ。
「このまま,庭に出ますよ」女が語りかける。
相変わらず,両手で私の腕を掴んだままだ。
部屋の外にいた男も相変わらず,ふたりの後を黙ったままついてきている。
事務所らしき部屋の横に小さな扉が見える。
「大山さん,出ます」部屋の中に向かって,女が声をかける。
扉のロックが解除される音が、かすかに響く。
ふたりの後についてきた男が,扉を開く。
外に出ると。そこにはまた長い廊下が続いていた。
三人は無言のまま、歩き始める。
廊下の突き当たりがうすぼんやりと,白く輝いている。
あそこが出口であろうか。
私は次第に息苦しさを感じ始めた。
身体が震える。
いつまでも,出口には辿り着けないような恐怖と、
出口の向こうに待っているであろう陽子に出逢うことの恐怖で、
身体が震え始めた。

2008.08.26 Tue l 小説・桜の花嫁 l コメント (2) トラックバック (0) l top
私は叫んだ。ちがう。
夢だったのか?
私はベッドの上で跳ね起きる。胸が激しく波打っていた。
周りは白い壁に囲まれて、手の届きそうもない高い位置に小窓がひとつあった。
夢だったのか?
ここはどこだ?
あのおばあさんは?陽子と呼ばれた娘は?
あの公園での出来事は?みんな夢だったのか?あの事故も?
どこからどこまでが夢で、どこからどこまでが現実の事なのか。
私はベッドに腰掛けたまま、考えていた。
全て夢だったのだろうか?始めから、
あの公園も、陽子も。
だとしたら、ここはどこなんだ?
私は誰なんだ?
いや、逆だ。今,私は夢を見ているんだ。
これは夢の中なんだ。
ちがう。私は死んでなどいないのだから、今が現実で公園にまつわる事が夢だったのだ。
ここはどこだ?私は誰だ?
何ひとつわからないまま,私は立ち上がり,部屋の中をゆっくり歩き始める。
ベッド脇に小さな便器が置いてある。あとは何もない。
ドアの向こうに,もうひとつドアがある。
ここはどこなんだ?
私は誰なんだ?
何ひとつわからないまま、記憶の糸口さえ見つからないまま、私は再びベッドに腰掛ける。
疲れた。指一本動かせない気がする程,私は疲れを感じていた。
ドアが開く。
看護婦らしき女性が入ってきた。
「大山さん。面会よ」「陽子さんよ。今日は先生から許可も出ているから、お庭にでれますよ」

2008.08.21 Thu l 小説・桜の花嫁 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。