上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
祈りの形で夜を叩く拳
不思議な軽さで遠ざかる影
あなたの声が欲しい
あなたを抱きたい
やさしさの距離
笑い声が聞こえる
誰もいない
死んだことばの葬儀
世界が揺れる
風が見える
痩せていく私 痩せていくあなた
私の骨 あなたの骨
私の血 あなたの血
雲が走る
誰でもない
ひとりのあなた ひとりの私

スポンサーサイト
2009.04.28 Tue l l コメント (2) トラックバック (0) l top
肉体の音
遠雷
あれは

風が見える
枯れた草花がゆれる
あれは

窓がない部屋
季節の葬列
あれは

花占いの約束事

2009.04.25 Sat l 散文 l コメント (0) トラックバック (0) l top
あなたの声は聞こえない
あなたの姿は見えない
あなたのぬくもりに触れない
閉ざされた季節の中で
あなたのことばだけがゆれる
密やかにあなたを想う
時を超えてあなたを待つ
夢が開く
祈りの形をした影が踊る

2009.04.22 Wed l 散文 l コメント (5) トラックバック (0) l top
愛し逢う事で無くしたいのち
ふたりのひとりのような
ひとりのふたりのような
風が吹く

2009.04.19 Sun l 散文 l コメント (0) トラックバック (0) l top
私は私
一本の骨になっても 私は私
季節のある愛
夜から夜へ
朝から朝へ

2009.04.17 Fri l 散文 l コメント (4) トラックバック (0) l top
泣きながら生まれて
笑いながら死んで
自然の暗さに接近していく
壁に飾られた風景
奪い
与え
鮮やかな歯形を残して
震えた生活の欠片
いつか私も
風景になりたいと願う
夜を抱きしめて
やさしさが愛を裏切る
ふたたび
軽やかに
夢を見る
笑い声が響く
あなたはどこ
わたしはどこ
遠さという距離
風が吹いている

あたしはもうひとりのあたしを産みたい

絡み合う指
眼差しだけが残った部屋
まるで自分の影を踏もうとする
子供のように私はあなたに触れる

2009.04.14 Tue l l コメント (2) トラックバック (0) l top
私たちは出逢った
ただそれだけのために
軽く傾く椅子
曇り空の下で 私は
あなたを愛した事を憶いだす
そして微笑む
裸の心臓がふるえる
不器用な悲しみ
あなたを 抱き たい
見えない恋人たち
逆回転されたシネマの一場面
私は笑った
あなたが笑った
抱擁
夢が消える
私はあなたの中にいる
あなたの肉体が
私の肉体に耳をすます
ふたつの想い出
ひとつの約束
サーカスみたいな日常
墜ちていくスピード
見えない恋人たち
軽やかな風
私は呼吸している

2009.04.11 Sat l l コメント (2) トラックバック (0) l top
雨に濡れた季節
窓に残ったぬくもり
死んだあなたの骨
夜を抱きしめる私
幸福のための今日
愛するための血
季節のための会話
恋の匂いがする部屋
今日もまた
壁を叩く
夜から朝へ
朝から夜へ

2009.04.08 Wed l l コメント (0) トラックバック (0) l top
閉じられた窓の向こうの
あなたの面影を抱いて
私は眠る
夢には重さがない
愛撫される距離に
あなたはいない
愛撫する距離に
私はいない
運命に微笑みながら
記念写真の中で
誰かが悲鳴を上げる

2009.04.04 Sat l l コメント (2) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。