上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

おびただしい夢と
おびただしい朝
花に埋まったあなたの背後で
まだあたたかい死者の骨を拾う
長い日常の始めと終わりの
はみ出した時間の中に
見える未練

ここは
どこ?
あれは

風がにおう
問う事の恐怖
幸福である事の恐怖
青空を見てるだけで
泣き出したいような匂いを感じてしまう
捨てるものなどない
拾うものなどない
痛みを伝えたい
静かにそっと微笑んで


スポンサーサイト
2009.08.29 Sat l l コメント (6) トラックバック (0) l top
立ち止まらなくていい
振り向かなくていい
輪郭のない後ろ姿が
静かに震えている
空が落ちてくる
私の手の中に
眠りの中に
血が止まる
取り残された暦
寂しい体温
答のない夢の重さ
私は笑い
私は眠る
眼を閉じて見る
唇を閉じて語る
やがて



2009.08.24 Mon l l コメント (2) トラックバック (0) l top
風が吹き始めると
呼吸困難になる
叫びの形をした
風景を食べながら
私は体温を信じる
愛は動詞だ
触れることのできない記憶が
夢を吐く
声のない声が聞こえる


2009.08.18 Tue l l コメント (4) トラックバック (0) l top
私の空洞
消えた墓碑銘
幼年風景
縛られたやさしさ
見えない心の形
失速の距離
空の手触り
朝から夜へ
言葉の欠けた遠さ
急がなければ
幸福の幸福
海は血に似ている
血は海に似ている


2009.08.15 Sat l 散文 l コメント (0) トラックバック (0) l top
監視された心
裏返った朝
埋葬された愛
聞こえない独白
壁に向かって一人叫びだしたいような
あるいは
朝日の中を狂ったように疾走してみたいような
取り残された空白
あなたの中に私の居場所が無い
無意味な言葉
失ったものの形を抱きしめる
無意味な言葉
私が私を待っている
ただ呼吸する


2009.08.12 Wed l 散文 l コメント (0) トラックバック (0) l top
幸福すぎることで見失い
幸福すぎることで狂う
風の音が聞こえる
幸福という牢獄
大切なのは幸福であるということではない
生きることだ したたかに
幸福などありはしない
宛先不明の手紙たちの涙
距離の寂しさ
止まった時計
絡み付く日常
見えない風
幸福などありはしない
僅かなぬくもりだけが
朝を待つ
夜を振り返る
幸福すぎることで見失い
幸福すぎることで狂い



2009.08.09 Sun l 散文 l コメント (2) トラックバック (0) l top
誰もいない
名前のない日常
やさしい血液の踊り
風の音が聞きたい
空に触れるように
私は私に戻る
指先の風景は
何を待っているのだろう


2009.08.07 Fri l 散文 l コメント (0) トラックバック (0) l top
見えない時間
抱き合うことで
愛を語るために
ぼんやりと
静かに退屈している
足りない距離のなかで
ひとりがふたりになり
ふたりがひとりになる



2009.08.04 Tue l 散文 l コメント (2) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。