吐息を抱きしめて夜を見つめる
耳元で囁く夜を見つめる
垂直に沈んでいく肉体の中で
産まれてこようとするモノの悲しみが
叫び始める
抱き合う事で取り戻そうとした体温が
夢の中を徘徊する
熱があった
肉体の言葉が眠りに溶けていく
いのちが欠伸する

2011.01.16 Sun l l コメント (2) トラックバック (0) l top

擦れ違う

面影求めて

闇を抱く


2011.01.05 Wed l 恋歌 l コメント (4) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析