ひっそりと
あなたを愛することができるだろうか
ひとつの影が
鏡の奥から愛を凝視する
追いかけても追いかけても
追いつけなかった私の影
死ぬためにはひとつの微笑が必要だ
遠さという距離は誰にも測れない
空に吊り下がった死
羽搏く鳥の影
速度が欲しかった
私が私に近づくために
速度が欲しかった
住所 氏名 年齢 性別 血液型 職業
何という孤独
言葉なんか覚えるんじゃなかった
夢が私を呼ぶ
幾千の夢が
砂浜に打ち上げられた深海魚のように
醜く群衆の眼に曝され
乾燥していく
もう帰る所はなく
腐り始めた明日が
指先に絡み付く
互いに愛しあっているという不安
不在だったのは
あなたか 私か




2013.09.02 Mon l 詩・笑い仏 l コメント (4) トラックバック (0) l top
茶番だ
滑稽だ
狂っていく愛なんて
柔らかく変形していく夢を
素足で歩く
無数の言葉たちが私に背を向けて
朝日のなかを駆け抜けていく
書かれた言葉は既に思い出だ
言葉がこんなにも遠いものだと
どうして今まで気がつかなかったのだろう
言葉が私を裏切るよりも早く
私は嫉妬を記憶する
雨に濡れてあなたは眠る
舌が動く
私は時計の音になる
夜の
私の

裸の
あなたの

思い出に満ちていく切ない呼吸
絡み合った指の熱
叫びが凍る
賽の河原に
月が舞い降りる
滑稽だ 滑稽だ
不意の恐怖に足を掬われ
割れてしまった鏡にもう私はいない
なぜと問うしかない不安に
混ざりあった血が死んでいく
空は鏡のように
飢えている
果てしなくハッピーな
風景の道化芝居
あなたの胎内に蛇が住む


2013.09.01 Sun l 詩・笑い仏 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析