海風に
木守り揺れる
郷の道


風が吹いていた。
やわらかなひかりにつつまれて
空は青く、鳥の影を映し
失われた時を手渡した私の指に
母の温もりがほんの少し
戻ってきた。



2015.01.10 Sat l 散文 l コメント (4) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析