私と私たちとの距離のなかで
失われた時間のぬくもりが
暦を握りしめる
体温を忘れた
優しい吐息が擦れ違い
唇のような夢がわずかに揺れる

静かに季節が狂い始める



2015.02.07 Sat l l コメント (6) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析